緑が宝です「杜の都」仙台で!贈りましょう婚約指輪を!

男性にとって人生の中で一番緊張するってどんな時だろうなんて考えたことや、経験したことがありますか。

学校に入学してから12年以上の学校生活に於ける受験や、ガールフレンドができた時の想いや就職してからの社会人生活などたくさんの場所や場面があったと思います。

私は現在、結婚して横浜に居住していますが、父の仕事の関係で中学校からの学生時代は「杜の都」

と言われています宮城県の仙台で過ごしました。

就職は本社が東京に所在する会社ですが、仙台にも支店があることから現在も勤務しています会社に就職しました。

私が経験した中では、仙台で知り合った彼女とお付き合いをして彼女にプロポーズしてOKをもらった時と婚約指輪を購入して渡したときが一番緊張しましたし、本当に嬉しかった思い出があります。

男性にとっても女性にとっても結婚が決まると結婚式までのスケジュールを決めるのに忙しい日々がスタートしますが、婚約指輪を購入するお店選びやデザインは、リングのサイズは、値段はいろいろ悩むことが多いのではないでしょうか。

でも男性にとって婚約指輪を贈ることができたことは一生の想い出となりますよ!

彼氏ができて、彼女ができて、お互いの愛が結びついて結婚ってことは多くの男女が望むことだとは思いますが、結婚することで全てが幸せかと考えますと、人それぞれの人生観が違いますので人それぞれの生き方があると思います。

宮城県の仙台市は「杜の都」

と言われていますが、今から400年前の江戸時代に当時の有名な藩主が屋敷林や川、山に多くの柿、梅、栗といった実がなる木などを植えて緑一色の街にしたことが由来となっているようです。

明治40年代には「森の都」

と登録されていましたが昭和の初期に現在の「杜の都」

と表されるようになり現在では緑こそが仙台の宝となっていると市民には想いがあるようです。

そんな杜の都で恋をするなんて最高ではないでしょうか!

仙台で婚約指輪の購入をお考えの方へ

彼女にプロポーズして「結婚しても良いよ!」

と返事をもらったら次は、両親への挨拶、式場選び、いや違います!

婚約指輪を贈ることでしょう!

初めての経験で婚約指輪はどこのお店で選べば良いの、デザインはとうしようかなと悩んでしまいますよね。

一人で悩むより私は彼女と二人で選ぶことで彼女の気持ちをくんで上がられる最高の婚約指輪を贈ることができると思います。